ラベル 動物 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 動物 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

[Bosna i Hercegovina] ボスニア・ヘルツェゴビナの観光ネットワークNo.11

[Bosna i Hercegovina] ボスニア・ヘルツェゴビナの観光ネットワークNo.11



ボスニア・ヘルツェゴビナの観光ネットワークTuristički Rotorが自然と文化遺産の美しさを紹介している。

バニャ・ルカ


Banja Luka

バニャ・ルカ(Banja Luka)は、ボスニア・ヘルツェゴビナの西北部にある同国で2番目に大きな都市である。連邦国家であるボスニア・ヘルツェゴビナを構成する2つの共和国のうち、セルビア人主体のスルプスカ共和国の最大の都市で、事実上の首都となっている。
バニャ・ルカ周辺部は自然が美しく観光には良い場所となっている他、バニャ・ルカ市内にも宿泊施設が充実している。市内や周辺部には温泉やスパもあり観光客を集めている。バニャ・ルカは樹木が多い町でもあり、グリーンシティの愛称もある。中心部には歴史的な建物も多く、レストランなどの飲食施設も多く立地している。他の見所として、バニ丘やクルパ近くのヴルバス川の滝がある。ヴルバス川のラフティングは現在、地元の観光客で賑わいを見せるようになった。釣りやロッククライミング、バニャ・ルカからヤイツェにかけてのヴルバス峡谷のハイキングなども観光資源となっている。サイクリングツアーや、歴史遺産を2、3時間で巡るツアーも毎日開催されており、ホスピタリティにも優れていると観光客に高評である。

モスタル


モスタル(Mostar)は、ボスニア・ヘルツェゴビナのヘルツェゴビナ・ネレトヴァ県の県都でヘルツェゴビナ地方では最大の中心都市である
モスタルはボスニア・ヘルツェゴビナ南部に位置し、峡谷の中心をネレトヴァ川が流れる、ネレトヴァ川の町として知られている。
観光が主産業で、旧市街には工芸品を並べる土産物店が軒を連ね、70年以上にわたって銅製品の技術を受け継いでいる家もある。
また無秩序な都市拡大を抑制するために、新規建築への投資を計画的に管理している。

カバは人を襲う ボツワナ、チョベ川 Botswana Hippo

カバは人を襲う


カバは人を襲う。この事実を知っている人は意外と少ない。
地球上で最も人間の命を奪っている殺人生物ランキングでは第11位で、年間500人が犠牲になっている。これはライオンの5倍の数である。ライオンの個体数の5倍という意味ではない。
カバをペットとして飼っていた飼い主が噛み殺されたという例もあるという。この映像はボツワナ、チョベ川の例である。

チョベ国立公園

チョベ国立公園(Chobe National Park)は、ボツワナ北端部にある国立公園。アフリカ大陸の中でも野生動物が多く生息している地域のひとつとして知られる。ボツワナでは中央カラハリ動物保護区と Kgalagadi Transfrontier Park に次いで3番目に広い動物保護区である。ボツワナ初の国立公園でもある。野鳥も多く、450もの種が生息している。

関連するピンタレストボード

『カバは人を襲う ボツワナ、チョベ川 Botswana Hippo』に関連するピンタレストのボード

チョウザメと一緒に時間と川を旅する Sturgeon's time travel

チョウザメと一緒に時間と川を旅する


チョウザメは2億年以上もの間存在していた。
最初の動物が水から揚がったとき、チョウザメはすでに存在していた。そして隕石が恐竜を絶滅させた後もチョウザメは川を通って移動した。火山噴火、氷河期、乾燥期も彼等は生き延びる事が出来た。しかし、その後人類が自然に介入を始めた。川をダムにし、水中資源を網で全て獲得していった。

チョウザメの淡水と海水の旅

チョウザメは淡水に卵を産む習性を持っている。そこで彼等は幼魚時代を過ごした後、すぐに海洋に進出する。塩分の多い海には豊かな食物資源が待っているからである。
何年も経った後、彼等は産卵のために川に帰る。この永遠の移動を通じて、チョウザメ達は常に新しい生息地を発見し続けて、捕食者も回避してきた。
しかし、一見利点に満ちた彼等のこの旅は、我々人間によって最大の問題へと発展させられてしまった。
彼等の旅路は川である。よってその旅は障害に満ちている。幸運にも人間の介入で生き残る者はほんのわずかである。工場の廃水、河川の流下矯正、産業として漁業、海洋への廃棄物など要因は様々である。幸運にも我々人類はこれらの問題を時間の経過とともに認識した。しかし、認識は実現の一歩に過ぎない。我々は認識と同時にすべき課題がたくさんある。

薬剤は我々の身体を離れると、環境へ影響を与え始める

洗い流す薬:薬、飲料水、環境



水道水に抗生物質は含まれるのか

抗生物質のようなものが、川や湖、飲料水の中にも発見されたと新聞で報じられた。病院で薬を処方されなくても人々はすでに水道水から抗生物質を取り込んでしまっているかもしれない。だが、水道水を検査しても事実は見つからず、医学に起因する健康被害は無いとも報告される。では、どこに真実があるのか。

検査精度の向上によって新たに薬物が検出

15年以上前の検査では検知出来なかったものも、技術の進歩で、かつての1000分の1の濃度でも検出が可能になっている。たとえば400mgの抗生物質を取り込んでいて、それを検出しようとした場合、2億リットルの水を必要とする。これはオリンピックのプールの40杯分に相当する。よって、この濃度であれば健康被害は起こりそうになく、飲料水の少なくとも抗生物質における問題に関しては安全性が保証されているといえる。
だが、問題は飲料水にのみ関わるとは言い切れない。川や海には魚、動物がいる。それらが水中の薬剤を通して摂取してしまった場合、男性化ホルモンに影響して沈静化し、他の動物に容易く捕食される存在となってしまう。アジアではこの例が鳥類に見られる。

薬物の自然環境への流出

では、どのようにして薬物は自然環境に人々の生活から拡散するのか。一つは身体への塗布物や洗剤などが洗い流されて下水へと流れる。もう一つは排泄物からの流出である。それらは下水処理場で処理されてはいるが、完全に除去する事は出来ない。したがって、それらは川へ流され、水分を流した残りの堆積成分も皮肉にも農業肥料として土壌に撒かれる事になる。

アマゾン、コロンビアでのエコロジーな農場経営

ドイツのメディアDW Deutschがコロンビアでの環境保護を取材


アマゾンの一部であるコロンビア

アマゾンの一部であるコロンビアは世界で最も生物多様性の高い国のひとつである。今、ユニークな動植物の伸びやかさが脅かされつつある。ドイツのメディアDW Deutschがコロンビアでの環境保護と自然破壊の抑制を目指す社会実験を取材した。

農業による森林破壊

コロンビアの木材の過剰輸出とカカオの不法栽培による植え付けで天然の森林が激減している。他に資源を得る術の無い農家は、こうした不法栽培で生活の糧を得るしかないのである。また、馬や牛などの家畜のブリーダー達は森林を牧草地へと変貌させてしまう。

環境保護を農場経営にも利点を持たせる

Make a passage for cow walking
社会実験での取り組みの一つとして農家に興味を持たせるという事がある。それは、牛の育成に役立つ木を植林したり、外部から投資を呼びかけて、産業を勃興させ職を生み出す事である。
牛を自由を放牧せず、また縛り付けたりせず、通路を設けて歩かせる事も森林育成に一定の効果を期待でき、天然の肥料を提供する事で周囲の農家にも役立つ取り組みとなる。

チーズによって成立するエコロジー

Cheese made with organic farming
経営学を学んで経営効率を上げる事も効果的である。我々は自然の土と生きていけば失う者は何も無いと、エコロジーに取り組む若き農場経営者はいう。彼等の手で直接絞った牛の乳がチーズとなり、彼等の食卓に上り、あるいは商品として市場に出回る。有機食品、グルメ、首都のレストランに需要があり、大企業のように大金を稼ぎ出すというタイプではないが、エコロジーとエコノミーを両立した優良な小規模経済モデルであると高く評価出来る。

無数のコンピュータで黒海とドナウ川の未来図を描く

黒海の全体像をコンピュータが描く


ドナウ川に特別チームが結集

科学者たちは現在、多くの細部から黒海の全体像をまとめようとしている。特別チームがドナウ川のほとりに会した。ルーマニアとウクライナの科学者は、共同研究を開始した。彼らは、両国が共有する巨大な保護区域であるドナウ川デルタの水質と生物学的価値を評価する。

ドナウ川デルタの水質が改善

ドナウ川デルタ研究所の生態学者ジェニカ・ハンガヌは良いニュースをもたらした。藻類の成長が減少しているというのである。 さらに、水質改善の指標となる種もいくつか開発されている。工業排水の減少と効果的な水処理施設は、ドナウ川デルタの水質を改善している。

三角州の狭小化によりオークの木が減少

だが、この地域は他の課題に直面している、とルーマニアの地理学者ユリアン・ミッチェルスは述べている。ドナウ川には現在ダムと堤防が数多く存在する。デルタは狭くなっており、川は深くなっている。これは全地域の生物多様性に影響を与える。たとえば、以前は樹木が茂っていた場所が、水辺に接近していないため、今ではオークのような木が少なくなっている。

ダムの存在が乾燥につながる

Tausende Computer zeichnen Bild des Schwarzen Meeres
問題は当然ウクライナ側にもある。川とその環境には政治的境界というものが存在しない。水文学(水とロゴを合せた古代ギリシャ語から派生した言葉)者のミハイル・コルニロフは、ウクライナ側の主な問題は洪水であると説明している。さらに、ドナウ川に沿ったダムは、川と隣接する湖との間の水の交流をより困難にしている。それはが今後多くの湖を乾燥させていくと予想される。

ドナウ川の重金属濃度が減少

科学者が研究旅行で収集した多様なサンプルは、より詳細な検査のために実験室に運ばれる。化学者リリアーナ・テオドーロフも良いニュースをもたらした。近年、ドナウ川の重金属濃度が減少し、カドミウム、亜鉛、鉛などの金属が減少している。それらはもともと産業排水と農業から来るもので、未だに存在している。 だが、その量が土壌と水の両方で低下しているのは喜ばしいことである。

古い実験データも新しい形式に書き換えなくてはならない

ドナウ川デルタからの多様なデータが定期的に収集される。彼らは研究室の篭らず、また別の研究の旅に赴く。次に研究チームが集まったのはジュネーブで、そこではインタラクティブな地図とデータベースが、黒海の環境データ(ドナウ川デルタを含む)から集められている。環境科学者のグレゴリー・ギュリアニーは科学者たちは、時間の半分をすべてのデータを調べるのに費やしていると説明している。データというものは異なる形式と異なる品質でもたらされる。それゆえ実験や検査のソフトウェアが機能していくように既存のデータも、新しいソフトウェアに即した形式に変換していかなくてはならない。

開発したモデルを様々なプラットフォームから提供

科学者たちはこれまで、ドナウ川の土地利用、人口開発、水のバランスなどのコンピュータモデルを開発してきた。これらのモデルはさまざまなプラットフォームから使用できるようになっている。Google Earthもそのひとつでそこからアスクセスが可能になっている。スマートフォンやタブレットコンピュータで見ることも可能である。

人々はインターネットに接続し現実世界との接続がオフラインになる

このプロジェクトは地球規模の地球観測の一部である。モニタリング技術は、世界中の生態系や地域に関する情報を提供する科学的データベースを提供することを目的としている。 環境を観測する今日の技術は、衛星やセンサーを用いて非常に洗練されたものとなっている。そしてインターネットを使ってデータを広める。過去に作られた起源点が何年も経った未来で光るように。だが、残念な事に人々は現実世界への接続を失いかけている。新しいデータベースで追求される主な目標は、社会を複雑な自然環境に近づけることである。

データ分析によって災害などの未来予測を

ドナウ川の研究において研究者は実際に簡単にアクセス可能で重要なデータの実用的なアプリケーションを探している。水文学者ミハイル・コルニロフは、さまざまな国のすべてのデータを分析することで、黒海流域の状況を完全に把握できると考えている。例えば、この地域で起こり得る気候変動のシナリオを予測することが可能になるであろう。
またドナウ川デルタ研究所の彼の同僚であるジェニカ・ハンガヌも同様の知見を示している。将来的にはデータを使って多くの戦略を改善することができるようになる。たとえば、洪水のリスクを最小限に抑えたり、種の絶滅を抑制したり、生態系の変化を避けることが可能になると期待される。

ドイツ、エルベ川の環境水上ディスカッション

ゴム製のディンギーがディスカッションの場


水上のディスカッションラウンドがドイツでシニア層を中心に賑わっている。化学医とフリーランスの作家、観光局長、プロテスタントアカデミーと参加する人々の出身は様々だが、ドイツの二番目に長い川の問題に注意を喚起する目的でこのゴム製のディンギーの水上ディスカッションが催される。

河川のソフト産業

By boat from Wittenberg to Griebo
川上で輸送される物品が絶えず減少していることは、輸送ルートとしての拡大が間違った方向の道であるという環境保護主義者へのシグナルといえる。例えば、埠頭は膨張よりも解体を拡大している。なぜなら、とりわけ河川の河口とエルベ川沿いの海岸は、長期的には周囲の景観に大きなダメージを与えるプロセスを維持するからである。砂の床にあるエルベは常に埋め立ての危機にさらされる。地面は絶え間なく水面を拭き取られ、川の鏡は沈んで周囲のエルベ川を連続的に乾燥させる。
自然の川、環境と文化財を結びつけるのも望ましい選択肢である。水上の輸送数は長年にわたり減少しており、低水量の長期間にわたり、エルベ川の輸送ルートとして使用することは不可能な状況である。しかし、思考を逆転させると、川沿いの他の産業にとって有益であるともいえる。モーター船等のソフトな観光に注力する事もそのひとつで、エルベ川の本質を取り戻す事により、輸送ルートとしてのエルベの拡大の利益よりも、河川を保護するソフト産業のほうが望ましいといえる。
多方面の有識者を巻き込んだエルベ川の再生の議論がこれから活性化していきそうだ。

小さな川エムシャー、水を再生させた足跡

小さな川エムシャーの再生


小さな川エムシャーの再生がドイツ語で語られる。
何世紀にもわたり、ドルトムントとデュイスブルクの間の多数の支流として蛇行した小さな川エムシャーは自然の生命線であった。フィッシュポットやフィッシュフックのような考古学的な発見は、エムシャーに沿ってどこにでも現れていたパイク、ブルヘッド、コイ等の魚に証左される。しかし、ルール地方にドイツ最大の硬質炭と鉄鋼産業を見出す事によって、川の表情は一変した。
エムシャーグノッセンシャフト(ドイツの最初の水管理組合)はエムシャーとその支流のほとんどを下水道に変えた。彼らの仕事は、鉱山や製鉄所からの産業廃水をライン川に排出することである。この事業のために、エムシャーはその支流も含めて直行に流下を矯正された。強固なコンクリートベッドに河川が押し込まれていった。何十年もの間、そのような有毒な工業排水は、集落と都市を通って公然と流出した。これには家庭用排水も含まれた。こうしてかつてのきれいなエムシャーは下水道になった。ドイツの汚れた川になってしまったのである。

重工業の終焉 - エムシャーにとって新しい機会

前世紀の1950年代の終わりまで、ルール地域では硬質炭の生産が急増した。しかし、メダルの裏として表れた欠点は、石炭シームの崩壊など、地面の制御不能な流動によって引き起こされた沈下であった。
地球の制御不能な活動を考慮すると、第二のエムシャーになるような汚水を地下の下水管を通して排水するやり方は技術的には危険すぎるといえる。ルール地方以外では、このような下水道システムは長年にわたり行われてきたが、悪臭に悩まされているエムシャーの住民が、廃水管理者がその地域で代替案を発見するまでに50年ほど待たなければならなかった。
ルール地方の重工業の終焉は、エムシャーにとって新しいチャンスとなった。大部分の鉱山が生産を停止した後、その地域の下水が河川や地下から汚染が消えていくはずである。 エムシャーグノッセンシャフトはEUの新しい水ガイドラインに則って2009年に巨大なプロジェクトを開始した。汚染されたエムシャーとその汚れた支流を350kmの距離に亘って自然に近い河川システムに再建した。

マンモスプロジェクト:エムシャーの再建

目標は、2020年までにエムシャーを廃水から解放することである。将来的には、すべての排水は、下水処理場で400キロメートルの地下のコンクリートパイプシステムを通って輸送される事になる。
しかし、新しい下水道システムはエンジニアにとって問題も提起している。こうした人口密度の高い地域では、過去にキロメートル単位のパイプルートが地下に置かれた例は無い。これを実行するために、エンジニアは現代の鉱業技術に依る新しい技術プロセスを導入する。30メートルの深さのシャフトを通って、貨車が付いている個々のパイプ部品は、長いトンネルを通って10キロメートル離れたところまで目的地まで運ばれる。完全に組み立てられたパイプのみがある。すべてのパイプが一旦設置されると、下水処理プラントに接続される。
2020年までに、220万人の住民、産業、商業の汚染された廃水が処理される予定である。これは、将来的には5つの汚水処理場によって担われる事になる。その後、水は洗浄され、エムシャーとその支流にポンプで戻される。

自然は応えてくれる

Trout of Emscher regenerated
新しい下水システムは、運河を自然の水域に変換するための基礎を形成している。
すべてが準備され、新しい下水処理場がフル稼働するまでに、エムシャーはまだ多くの場所で汚水を運ばなくてはならない。小さな支流の約半分はすでに古いコンクリート床から解放され、川の堤防は改修された。清流はすでに、河川システム全体が将来どのように見えるかを我々に示している。
徐々に、茶色の鮭鱒のような魚は、彼らの古い生息地に戻ってきている。エムシャーの高い水位を補う新たに作られた湿地は、タゲリ(田計里)のような珍しい鳥を誘う。エムシャーグノッセンシャフトは、エムシャーの再建に53億ユーロを投資している。下水道を自然の川に変えれば、ルール地方の住民の生命線はもとに戻り、将来の重要な一歩となる事であろう。

美しきバルカン半島の河川を護る導線

美しきバルカン半島の河川


SAVE THE BALKAN RIVERS
バルカン半島の河川や湖沼は、ヨーロッパで最も美しくて貴重な自然の中にある。しかし、それらは数百の水力発電プロジェクトを通じて危険にさらされている。ドイツ環境保護主義者、映画制作者、環境活動家であるウルリッヒ・アイセルマンはこれらの自然の宝物を提示し、保護の価値を強調している。

【閲覧注意:ムシ】河川で学ぶドイツの農場環境キャンプ

ドイツLernbauernhofの環境キャンプ


ドイツのLernbauernhofは、多くの行動を経験して多くのことを学ぶことができる農場環境キャンプである。動物は何を食べるのか。気候への影響とは。水質と何か。森と牧草地の植物は食べる事ができるのか。子供のみならず大人も多くの疑問に対する答えを森で見つける。ゴム製のブーツ、ルーペ、ネットで森の探検にでかける。テントで寝て、夜にキャンプファイヤーを囲んで座る。
German farm environment camp to learn in the river
Lernbauernhofには多くの部屋がある。だが、それらは最初から居住可能なわけではない。だからこそ、すべての子供たちが大きな牧草地のテントで寝る。テントを張る牧草地の近くには、いくつかのコンポストトイレがあり、それはまたキャンプの一部として作られている。
料理には通常、野菜だけが使われる。余暇は、農場に所属している信頼出来る大人が同行して、キャンプを見守る。

堤防から河川を開放する、ドイツ、ハーフェル川の再生

ドイツ、ハーフェル川の再生プロジェクト


NABUはドイツで最も広く知られている自然保護グループのひとつで、100年以上にわたり人と自然のために活動している。
プロジェクトでは、中欧で最大の河川修復を実施している。

ハーフェル川

The Havel river flowing towards regeneration
ハーフェル川は国際的に重要な湿地帯である。彼等は開発された川を改装し、新しい自然のパラダイスを作りたいと考えている。10年も経たないうちに、ハーフェル川は再び生きている川になるはずである。かつて川を治水して直行化した時に孤立した、古い三日月湖を再接続し、堤防を取り除き、流路を活性化し、陸地と湿原の森がもうすぐ姿を現す。 さらに、堤防から河川を開放させていき、草原に水をもたらし、1,000種以上の動物がここに戻ってくる事に期待が寄せられている。

マーラとハンナ、故郷のヴィーゼの川を護る学びと活動

ドイツの青少年の活動が故郷の川を護る

マーラとハンナは本当に篤厚のガールフレンドある。彼女達は彼らは環境保護グループ「グリーンフィールズ」を創設し、彼女達の故郷を流れる川「ヴィーゼ」の世話をする。手作りの魚避難所が、川の住人達にとって心地よい場所になるよう彼女達は願っている。
ドイツ語で構成される環境保護関連の動画である。

マーラとハンナの世界

マーラと彼女の親友ハンナは13歳。環境保護に情熱を注ぐ挑戦が続く。彼女達はバーデン・ヴュルテンベルク州で最大の自然保護区、印象的な風景の南部のシュバルツバルトに住んでいる。

「グリーンフィールズ」による環境保護

Girls living with the river of Wiese
今、まさに自然は少女達のためにあり、生命の強さと熱意の源となっている。これを維持するために、マーラとハンナはすでに11人のメンバーを持つ環境グループ「グリーンフィールズ」を設立した。マーラとハンナはグループと一緒に今この時を謳歌している。
「一緒に何かをするのは楽しいことです。そして一緒に我々はより多くを達成する事ができます」

ヴィーゼの川

活動の中心にヴィーゼの川がある。ヴィーゼは故郷のショプハイムを流れている。ヴィーゼは部分的に真っ直ぐになっており、その岸辺は多くの場所で舗装されている。しかし、河川の直行化は深刻な問題を引き起こす。洪水が頻繁に起こるのである。流速は非常に速く、魚や他の生き物は単純に洗い流されてしまう。

マーラとグリーンフィールズは、それについて何か行動して、かつてのように川の生活状況を回復したいと考えている。その行動というのが、魚の避難所、魚が強い流れから回避させる川岸の避難所を建てる事である。

ヴィーゼの流下修正の加えて水質にも問題があるようである。したがって、「グリーンフィールズ」はフライブルクの移動研究機関に調査を依頼する事にした。彼女達は水質が川に生息する小さな生き物から推測できることを学ぶ。果たして顕微鏡の世界に新発見はあるのだろうか。

ショップハイム市の祭典

マーラとハンナは人々の善意が海洋の保護に傾倒している事を知っている。それで、人々の注目をヴィーゼのもとに勝ち取りたいのである。ショップハイム市の祭典は彼女達にとって良い機会である。

インフォメーションスタンドでは、川についての自分達の仕事について書かれた新聞を配布したいと考えている。できるだけ多くの人々がヴィーゼの川とその地域の環境問題に気付くように、グリーンフィールズは計画している。彼女達の目標は、大人に川の状態を知らせ、さらなる活動のための寄付を集めることである。実際に寄付を集めるように実行する事は恥ずかしいので、マーラは自分自身を克服しなければならないのであった。

オオカミはどのようにして川を変えてゆくのか

イエローストーン国立公園とオオカミ

栄養カスケード

過去半世紀興味深い科学的発見の一つは栄養カスケードの発見だろう。栄養カスケードは、食物連鎖の最上部から始まる生態学的過程で最下層まで完全に影響する。
古い例を挙げてみよう。1995年にイエローストーン国立公園でオオカミが再び野生化された。オオカミは様々な動物を捕食している事が知られている。だが、彼等が多くの命を救っている事には衆目はあまり向けられていない。

オオカミの不在とシカの個体数の増殖

オオカミが戻ってくる以前、70年間オオカミは存在しなかったが、シカを狩る者がいなかったため個体数が増え続けて、人間が数を調整しようと試みたにもかかわらず、シカはあたりの植生をほとんど食べつくしてしまったのである。

オオカミ達が帰ってきた

Yellowstone National Park and Wolves
しかし、オオカミはやってくるとすぐに、彼等は少数であったにもかからず実に顕著な効果を与え始めた。
当然、オオカミはシカを捕食したが、それ自体は大きな影響ではない。それより大きな意味を持ったのはオオカミがシカの行動を変化させたことである。

シカの減少と植生の復活

シカは公園の特定の地域を回避するようになった。特にシカが追い詰められやすい渓谷と渓谷の間の地域で植生が再生し始めた。木の高さが6年で5倍になった所もある。

植生が戻ると他の動物達の生息地も増える

地肌が晒されていた傾斜面はアスペン(ヤマナラシ)、ヤナギ、綿の森林になった。そうすると、すぐに鳥類がそこへやってくるようになり、鳥類、渡り鳥の数が大幅に増加し始めた。
ビーバーは木を食べるのが好きなので、ビーバーの数も増えた。
オオカミのようにビーバーもまた生態系のエンジニアといえる。彼等は他の種の生息地も作る。彼等が川に建設したダムは、カワウソ、カモ、アヒル、魚、爬虫類、両生類にも、生息地を提供した。
オオカミはコヨーテを捕食し、その結果、ウサギとマウスの数が増え、それは鷹、イタチ、キツネ、アナグマも増加するという事に繋がる。ワタリガラス、白頭ワシもオオカミが残した腐肉を食べるために降りてきて、クマもそれを餌にして、同様に増加し始めた。クマの個体数の増加は、再生したベリーの低木にも由来する。そして、クマも子供のシカを捕食し、オオカミの影響を強めた。

オオカミが川の有り様を変えた

そして、さらに興味深い事実がある。
それはオオカミが川の有り様を変えた事である。
川沿いの侵食が少なくなり、水路が狭くなり蛇行し始めた。多くの水たまりや浅瀬ができて、それらは野生動物の生息地としてすばらしいものになった。
川がオオカミに反応して変化したのである。
その理由は再生中の森林が斜面を安定させ、崩壊しないようにさせる事で、川の流れも安定した事。同様に、部分的にシカの生息域を狭める事で、谷のエリアで植生が回復し、安定したため、土壌浸食が減った事である。つまり少数のオオカミが、イエローストーンの生態系だけではなく国立公園、この巨大な土地、その地形までも変えいったのである。

[公開終了] 閲覧注意(ヘビ)、青ナイル川は単なる支流にあらず

ファラオの川、青ナイル川



青ナイル川の生態系


ファラオの川、青ナイル川。
青ナイル川は、エチオピアのタナ湖を源に発する川で、白ナイル川とともにナイル川の支川を形成している。
雨季には、主流よりも強力になり、未開の地への輸送を担う、この川に畏敬の念を込めて、青ナイル川、ブルー・ナイルと名づけられた。この川で運ばれてきた荷物はエチオピアの高地で源泉からさらに遠くまで運ばれていった。
ワニ、キリン、カバ、ゾウ、ガゼル、ヒョウ、レイヨウ(羚羊)など全ての動物が川に頼って生存していて、旅人はナイル川のこの象徴的な生態系を観察する事ができる。
三角州の地域には8000万人以上が暮らしており、世界で最も長い川の定期的な洪水に影響を受けている。

熊やバイソンと一緒に探検 =アメリカアラスカ州カトマイ国立公園=

アメリカアラスカ州カトマイ国立公園



ライブカメラでヒグマが観れる


編集されていない自然の世界へ見る者を誘う。
ライブカメラネットワークに映し出されているのは、カトマイ国立公園の姿である。
カトマイ国立公園は、アラスカ州南部にある米国の国立公園で、ヒグマで有名である。
毎年夏には、茶色いヒグマがこの川に降りてきて、草の上に横になって身体を伸ばしたり、サーモンを捕る姿が見られる。
公園の名称は、カトマイ山という火山の名を取って名付けられた。