閲覧注意(ヘビ)、青ナイル川は単なる支流にあらず

ファラオの川、青ナイル川

青ナイル川の生態系

ファラオの川、青ナイル川。
青ナイル川は、エチオピアのタナ湖を源に発する川で、白ナイル川とともにナイル川の支川を形成している。
雨季には、主流よりも強力になり、未開の地への輸送を担う、この川に畏敬の念を込めて、青ナイル川、ブルー・ナイルと名づけられた。この川で運ばれてきた荷物はエチオピアの高地で源泉からさらに遠くまで運ばれていった。
ワニ、キリン、カバ、ゾウ、ガゼル、ヒョウ、レイヨウ(羚羊)など全ての動物が川に頼って生存していて、旅人はナイル川のこの象徴的な生態系を観察する事ができる。
三角州の地域には8000万人以上が暮らしており、世界で最も長い川の定期的な洪水に影響を受けている。


コメント