ラベル ブラジル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ブラジル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

8時間滝の音と一緒に =アルゼンチン、ブラジル イグアスの滝=

枕元にイグアスの滝


聞くための動画

映像はイグアスの滝の静止画である。安定した睡眠やリラクゼーションを得るための聞く動画として使用したい。爽やかな朝の目覚めに使っている人もいる。

荒れ狂った川の滝 =ブラジル アラシャ=

アラシャ


数分の雨と自然が我々に美しい光景をもたらす。
天から落ちてくるような局地的に豪雨で、川上で洪水が引き起こされて、このような滝の形を成したと言われる。映像の後半から視界が激しく揺れるので注意していただきたい。

竜巻から川の流れを読む =ブラジル セラデカナストラ国立公園=

澄んだ水面で機会を待つ


滝の下の水面は最初は穏やかだった。水底がはっきりと見える。
旅人はこの水域を解説しながら、さらに待っているものがあった。彼はマンガダグアと呼ばれるトルネードがもたらす洪水のタイミングを知っていた。解説の最中、滝はみるみるうちに増水し、先ほどまで澄んでいた水面は激しい流れとなって白濁してその表情を変えていった。

セラデカナストラ国立公園

セラデカナストラ国立公園は、ブラジルのミナスジェライス州のカナストラ山脈にある国立公園である。植生は主に岩場とセラードで、渓谷渓谷に林立した森林があり、45種の固有種の植物を持つ。セラードとは、ブラジル中央部のサバンナ気候地域にみられる植生のことで、イネ科植物を主とする草原で低木をまじえる。

ブラジル シャパーダ ジアマンチーナ(Chapada Diamantina)国立公園 フマサ(Fumaça)の滝

肺と心臓を酷使して報われる滝見物


フマサ(Fumaça)の滝は、ブラジル、バイーア州の滝である。
滝は、有名なシャパーダ ジアマンチーナ(Chapada Diamantina)国立公園の一部で、高さは340メートルの、ブラジルで2番目に大きい滝である。
Chapada Diamantina National Park
レンソイス(Lençóis)という町から山中を三日間歩き続けると、滝壺の場所に訪れる事ができる。シャパーダの主要な魅力のひとつである、岩壁の穴から噴出する水を垣間見る「最も簡単な」方法は、崖の端まで這い上がることである。だが、ガイドの案内なしにこの道に迷い込むのはお勧めできない。それは困難な旅路であり、往復12kmの過酷な登山には強靭な体力と肺活量を要する。
フマサ(Fumaça)の滝の魅力は滝が上にあがる姿である。落下の勢いで水が霧に変わるのである。かなり運がよければ、太陽の光で霧の滝に美しい虹を見出す事が可能である。
動画を見る限りここの水が干上がるとはとても思えないのだが、乾季になると完全に乾燥してしまう事があるという。

ドローンで飛ぶ =ブラジル バイーア州カショエイラ=

ブラジル バイーア州カショエイラ


街の上空で視界が始まり、ゆっくりと見回すように視点が向けられる。柔らかい色合いの赤茶色に統一されたバロック建築の屋根が特徴的である。パラグァスー川を中心に街の史跡がいくつか紹介されている。最後には夜景も映し出される。日本の都市と比べて、明かりが少し少なく、それが時代の勢いに流されずに生きている街の生き方を象徴しているようでもある。

カショエイラ

約500年の歴史を持ち、パラグァスー川が流れている。サルヴァドールから西へ120kmほど。サトウキビ農園の経済である。

滝の音 =ブラジル ボン・デスパショ ピカン川=

ブラジル ボン・デスパショ ピカン川


ブラジルのボン・デスパショで撮られた映像。水の音、滝の音が、魂と精神を和らげる。
ピカン川で最初で唯一の滝。ランバリ川に流れ、最終的にサンフランシスコ川につながっている。川の流れは非常に複雑で、宮城谷昌光氏の『王家の風日』の表現を借りるとすれば、「紡毛のような川」と表現したい。

ボン・デスパショ

ブラジル、ミナス ジェライス州の小都市。1770年にモンテ教会が建てられた事に始まる。農産の中心はサトウキビ、トウモロコシ、大豆などで、サービス業が多い街でもある。かつては蜂蜜の生産量もあった。

若者達は空の目を失った =ブラジル マクンバの滝=

マクンバの滝

滝の空撮を試みる

たくさんの人々がこのマクンバの滝を訪れる。彼等撮影チームもその中である。
危険が感じられるので紹介は後半から表示するようにした。賑やかな若者たちはドローンを携えて、高低差のある林間の道を行く。目的地点まで到達し、ドローンを飛ばし上空からの壮大な景色を提供する。
が、ここでトラブルが発生した。
彼等は徒歩で岩場を渡り奥へ目指し、への接近を試みる。美しい滝の姿を間近に見られて、結果、このほうがよかったのではないか。

マクンバの滝

現地の宗教的な言葉に由来して、マクンバの滝と呼ばれる。リオデジャネイロの中心地からとても近くにあるようだが、映像で見てわかるとおり、そこまで到達する道は決して楽ではない。
その他の紹介では、到達距離1km、所要時間25分、到達難易度:簡単、とある……。