ボスニア・ヘルツェゴビナの観光ネットワークNo.3

ボスニア・ヘルツェゴビナの観光ネットワークNo.3


ボスニア・ヘルツェゴビナの観光ネットワークTuristički Rotorが自然と文化遺産の美しさを紹介している。

一丸となった環境施策

世界観光の日に合せて、観光大臣の主催で、各市町村から担当者を集めた会議が開かれた。元々ホスピタリティにすぐれ、景観保護の面においても数々の観光資源に恵まれるボスニア・ヘルツェゴビナだが、さらなる安定した顧客獲得を目指している。
目をつけたのが、世界的な健康意識の高まりで、蜂蜜、紅茶、マリーゴールド、天然混合のオイルなどをフェアで売り出し、米大使館からもプロモーション活動を行った。
ホスピタリティのさらなる向上も目指しているようだ。ホスピタリティの面での成長には、女性のヒューマンパワーが欠かせない。そのため各市町村ごとに女性の観光組織を設立し、ホスピタリティの講習を行った。その結果、ベルギーなどからスカウトとしての観光客や、修学旅行が増え、国内からの登山客が増加し、家庭滞在の客も増えるなど、効果は確実に現れているといえる。特に女性のマンパワーは手工芸品や伝統料理の面で強く発揮されるに違いない。さらに各地に視点を移して紹介してみよう。

プリイェドル(Prijedor)

プリイェドル(Prijedor)は、ボスニア・ヘルツェゴビナの都市で、ボスニア・ヘルツェゴビナを構成する構成体のうちスルプスカ共和国に属する。プリイェドルはスルプスカ共和国では2番目に大きな都市で、ボスニア・ヘルツェゴビナでも6番目に大きな都市である。経済的にも豊かな都市で、幅広い工業やサービス等の産業、教育機関などが立地している。
最も重要な観光ポテンシャルとしてコザラ山のコザラ国立公園が挙げられる。3520ヘクタールの面積を持つコザラ国立公園1967年に国立公園として指定された。ハイキングやウォーキングのルートの他、教育のためのルートがあり、生息動物について解説した野外パネルが設置されている。だが、おそらく小皿は展示されていない。
サナ川とゴムイェニツァ川が、このエリアを流れており、水がきれいな事に定評がある。川を通じていくつかの自治体とも繋がっている。
川遊び、釣り、療養観光、温泉観光、宗教観光など、多様なニーズに応える観光ポテンシャルがプリイェドル(Prijedor)にはある。

コメント