ラベル ポルトガル語 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ポルトガル語 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

筆者お手上げ、ブラジル人が見つけた日本の穴場 BRINCANDO EM UM RIO DO JAPÃO

BRINCANDO EM UM RIO DO JAPÃO...@youtube


ブラジル人から訪れた家族が何組も日本の川でキャンプを張って遊んでいる。結論から言えば、場所が全く特定できなかった……。
手がかりになりそうな映像は何点かあった。
不明瞭ながら交通標識が画面の上部に映った。場所を特定するのにこれ以上確かなものはない。少し明瞭度合いを上げるが、文字がつぶれていて全く解読出来ない。警察が使っている防犯カメラから文字を割り出す特殊ツールが欲しいくらいである。
手がかりになると思われた交通案内標識
仕方なくこれをグーグル画像検索で調べる事にした。元の画像より鮮明にしてあるため、AIに懸ければそれで解決するはずであった。
しかし、検索結果は、
一致する画像なし。類似する画像群は「コンピューターのブルースクリーン」だそうである。さすがはIT先進国日本、ブルースクリーンを国道に高々と掲げる時代になったのである。
場所を特定できそうな崖
特徴になりそうな風景をスキャンして諦めずにAIに懸ける。中国の川であると診断された。
河川管理局らしい看板もあった。これも巧妙に木の枝で隠されていて、特定出来ない。教育委員会の看板もある。「名○○教育委員会」という文字が見える。特定出来そうではあるが、単に名義人教育委員会と書いてあるだけのような気もするのである。
というより「あぶない!」とはっきり書いてある。本来立ち入りが許されていない場所ではないか……。

コメント欄から手がかりを探る

動画を閲覧してもらえるとわかるが、膨大なコメントが寄せられている。こんなアバウトな情報で人気が出るというのは、まったく妬ましい限りである。
コメントの大半はポルトガル語である。実は筆者はポルトガル語は不得手なので、頭がしびれて来るのを自覚しながらも読み進めていく。しかし、これだけコメントがありながら場所について誰も言及していない。
ところが、一点だけこの中に光明が見つかった。
「名張川では」
というコメントが発見出来た。

名張川をグーグル画像検索で調べる

「名張川」というワードでグーグルで画像検索をしてみる。どれも似ているようでありながら、決め手に欠ける。

飛び込む場所を見つけたかった

あくまで動画の中の雰囲気からの推察だが、川に飛び込むスポットを探していたらしい。「30メートルの高さから飛び込んだ」という本人に対して、「あれは5メートルだ」「日本ではあれが30メートルなんだ」というコメントが寄せられる。場所に関する言及はほとんど無い。彼らにとってここはアバウトに「日本」であるらしい。
この記事の場所も彼らの意を汲んで「JAPÃO」としておく。

人気の観光コンテンツを船でクルーズ =ポルトガル ドゥエロ川=

ポルトガル ドゥエロ川のクルーズ


ドゥエロ川またはドウロ川は、イベリア半島の主要河川の一つである。スペイン北部のソリア県を水源とし、ポルトガルに入り、ポルトという街から大西洋に注ぐ。
ポルトにはたくさんのクルーズ会社があり、人気の観光コンテンツである。ポルトガルの街だがフランスからの移住者が多い事もあって、フランス語が通じる店が多い。

火星の川は逆さまなのか

火星の倒立した河川の彫塑


火星にも川はある。だが地球のそれと異なり逆さまである。
山なのか谷なのか。この錯覚は、我々の脳を混乱させ、逆さまにしてしまう。

河川の跡が周囲より高くなる

風景の中に我々の脳は識別困難に陥る。内部から光が出ているのか光の出ている場所がわからない。これによって火星の表面の写真に関する議論が発生した。
巻線の形状は、ここの古い河川で、非常に素晴らしい発見である。それは過去に火星に液体の水があったことを意味する。
画像の中にはクレーターが見えるが、これは光が上から来ていることを意味する。左上の隅に影が発生している。
それによって、理論的に、この河川の跡は周囲より高くなっているという事が言える。
本来、河川の跡は谷となるように掘り込まれているはずである。このような反転した地質学的プロセスは地球のセントジョージにも見られる。

若者達は空の目を失った =ブラジル マクンバの滝=

マクンバの滝

滝の空撮を試みる

たくさんの人々がこのマクンバの滝を訪れる。彼等撮影チームもその中である。
危険が感じられるので紹介は後半から表示するようにした。賑やかな若者たちはドローンを携えて、高低差のある林間の道を行く。目的地点まで到達し、ドローンを飛ばし上空からの壮大な景色を提供する。
が、ここでトラブルが発生した。
彼等は徒歩で岩場を渡り奥へ目指し、への接近を試みる。美しい滝の姿を間近に見られて、結果、このほうがよかったのではないか。

マクンバの滝

現地の宗教的な言葉に由来して、マクンバの滝と呼ばれる。リオデジャネイロの中心地からとても近くにあるようだが、映像で見てわかるとおり、そこまで到達する道は決して楽ではない。
その他の紹介では、到達距離1km、所要時間25分、到達難易度:簡単、とある……。