マーラとハンナ、故郷のヴィーゼの川を護る学びと活動

ドイツの青少年の活動が故郷の川を護る

マーラとハンナは本当に篤厚のガールフレンドある。彼女達は彼らは環境保護グループ「グリーンフィールズ」を創設し、彼女達の故郷を流れる川「ヴィーゼ」の世話をする。手作りの魚避難所が、川の住人達にとって心地よい場所になるよう彼女達は願っている。
ドイツ語で構成される環境保護関連の動画である。

マーラとハンナの世界

マーラと彼女の親友ハンナは13歳。環境保護に情熱を注ぐ挑戦が続く。彼女達はバーデン・ヴュルテンベルク州で最大の自然保護区、印象的な風景の南部のシュバルツバルトに住んでる。

「グリーンフィールズ」による環境保護

Girls living with the river of Wiese
今、まさに自然は少女達のためにあり、生命の強さと熱意の源となっている。これを維持するために、マーラとハンナはすでに11人のメンバーを持つ環境グループ「グリーンフィールズ」を設立した。マーラとハンナはグループと一緒に今この時を謳歌している。
「一緒に何かをするのは楽しいことです。そして一緒に我々はより多くを達成する事ができます」

ヴィーゼの川

活動の中心にヴィーゼの川がある。ヴィーゼは故郷のショプハイムを流れている。ヴィーゼは部分的に真っ直ぐになっており、その岸辺は多くの場所で舗装されている。しかし、河川の直行化は深刻な問題を引き起こす。洪水が頻繁に起こるのである。流速は非常に速く、魚や他の生き物は単純に洗い流されてしまう。

マーラとグリーンフィールズは、それについて何か行動して、かつてのように川の生活状況を回復したいと考えている。その行動というのが、魚の避難所、魚が強い流れから回避させる川岸の避難所を建てる事である。

ヴィーゼの流下修正の加えて水質にも問題があるようである。したがって、「グリーンフィールズ」はフライブルクの移動研究機関に調査を依頼する事にした。彼女達は水質が川に生息する小さな生き物から推測できることを学ぶ。果たして顕微鏡の世界に新発見はあるのだろうか。

ショップハイム市の祭典

マーラとハンナは人々の善意が海洋の保護に傾倒している事を知っている。それで、人々の注目をヴィーゼのもとに勝ち取りたいのである。ショップハイム市の祭典は彼女達にとって良い機会である。

インフォメーションスタンドでは、川についての自分達の仕事について書かれた新聞を配布したいと考えている。できるだけ多くの人々がヴィーゼの川とその地域の環境問題に気付くように、グリーンフィールズは計画している。彼女達の目標は、大人に川の状態を知らせ、さらなる活動のための寄付を集めることである。実際に寄付を集めるように実行する事は恥ずかしいので、マーラは自分自身を克服しなければならないのであった。

コメント