ラベル 壮大 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 壮大 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

8時間滝の音と一緒に =アルゼンチン、ブラジル イグアスの滝=

枕元にイグアスの滝


聞くための動画

映像はイグアスの滝の静止画である。安定した睡眠やリラクゼーションを得るための聞く動画として使用したい。爽やかな朝の目覚めに使っている人もいる。

竜巻から川の流れを読む =ブラジル セラデカナストラ国立公園=

澄んだ水面で機会を待つ


滝の下の水面は最初は穏やかだった。水底がはっきりと見える。
旅人はこの水域を解説しながら、さらに待っているものがあった。彼はマンガダグアと呼ばれるトルネードがもたらす洪水のタイミングを知っていた。解説の最中、滝はみるみるうちに増水し、先ほどまで澄んでいた水面は激しい流れとなって白濁してその表情を変えていった。

セラデカナストラ国立公園

セラデカナストラ国立公園は、ブラジルのミナスジェライス州のカナストラ山脈にある国立公園である。植生は主に岩場とセラードで、渓谷渓谷に林立した森林があり、45種の固有種の植物を持つ。セラードとは、ブラジル中央部のサバンナ気候地域にみられる植生のことで、イネ科植物を主とする草原で低木をまじえる。

ドアのないトイレと自然のジャグジー =クリミアのフナ要塞跡、ジュールジュールの滝=

クリミアのフナ要塞跡、ジュールジュールの滝


アウトドアで滝で用を足す、という話ではない。
ツアーの始まりは、クリミアのフナ要塞跡である。ツアーの行程を動画で紹介するという事らしい。
このフナ要塞は日本では、この名を知る人は少ないが、欧州では有名な観光スポットであるという事だ。
注目されたのが聳え立つ巨岩である。エカテリーナの頭の一部、ノアへの欲望、という名で紹介されていたが、一般的に通る名かどうかは不明である。
遺跡の中には元住人の石で出来たトイレがある。旅人も実際に腰を下ろしてみるが、微妙な表情ですぐに切り上げた。欧州にはトイレの文化が無かったため、ここが最初のトイレであると、ツアーでは説明している。要塞跡らしく丘の上から敵を狙うバリスタ台も紹介していた。
ツアーはそこから滝へと移動する。車での移動になるが、道が悪くオフロード車の使用を薦めている。

ジュールジュールの滝

滝の名前はジュールジュールの滝。
標高468mのボストーチヌイ・ウル・ ウゼン川の流れによる。100メートルの高さから三段階の流れに沿って水が降下している。 高さ15メートルの石灰岩棚から5メートルの幅の広い水の流れが深い地盤に落下し、河床を押しつぶす。
ジュールジュールはクリミアで最も強力な滝で、平均的な長期排水量は270リットル/秒である。乾季においても乾燥する事はない。ジュールジュールという名前は、滝の音の擬音であるとも、ジュール自体が水を意味する言葉ともいう。
全体を通して元気のある女性の紹介で、賑やかさが感じられた。ツアーでないと到達困難である事から、個人で静けさを感じるために訪れるには向かないと思われるが、自然のバイタリティーは十二分に感じられる。

ピンタレストの関連ボード

悪魔の喉笛 =イグアス、アルゼンチン=

悪魔の喉笛 =イグアス、アルゼンチン=


視界が殆ど白い。
イグアス川の下流にあるイグアスの滝である。
短い映像だが、その水量による力強さは十分に感じられる。
この白さを眺めていると何か飲み物が欲しくなるのは私だけだろうか。

北米生活を満喫、ニューヨーク州ナイアガラの滝

北米在住のロシア人がナイアガラの滝を紹介


旅人のロシア語のナレーションで動画は進行してゆく。
ナイアガラ・フォールズ州立公園の紹介から旅は始まる。
公園では、博物館、食品売り場、映画館、土産屋、花火、ハイキング遊歩道、ピクニック・テーブル、レクリエーション・イベント及び魚釣りを提供している。
飛沫の白さにカメラを寄せる場面も見られる。彼女の飛沫への興味は遠くへも及んだようで、撮影場所から辛うじて見える流水の落所にもポイントを当てて解説を加えている。地図上の地形と現在の立地を正確に照合して、すでに土地勘のようなものが発生しているのがうかがえる。
周辺の自然公園の小動物に関心を寄せるのも、女性ならではの視点だろう。尻尾の長い大きめのリスが芝生を足早に駆け去り、草陰から顔をのぞかせていた。
自然の美しさを満喫して、旅人は夕日を背に人の生活空間へ帰っていった。

ブラジル シャパーダ ジアマンチーナ(Chapada Diamantina)国立公園 フマサ(Fumaça)の滝

肺と心臓を酷使して報われる滝見物


フマサ(Fumaça)の滝は、ブラジル、バイーア州の滝である。
滝は、有名なシャパーダ ジアマンチーナ(Chapada Diamantina)国立公園の一部で、高さは340メートルの、ブラジルで2番目に大きい滝である。
Chapada Diamantina National Park
レンソイス(Lençóis)という町から山中を三日間歩き続けると、滝壺の場所に訪れる事ができる。シャパーダの主要な魅力のひとつである、岩壁の穴から噴出する水を垣間見る「最も簡単な」方法は、崖の端まで這い上がることである。だが、ガイドの案内なしにこの道に迷い込むのはお勧めできない。それは困難な旅路であり、往復12kmの過酷な登山には強靭な体力と肺活量を要する。
フマサ(Fumaça)の滝の魅力は滝が上にあがる姿である。落下の勢いで水が霧に変わるのである。かなり運がよければ、太陽の光で霧の滝に美しい虹を見出す事が可能である。
動画を見る限りここの水が干上がるとはとても思えないのだが、乾季になると完全に乾燥してしまう事があるという。

スクリーンセーバーに収められたジャングルの滝

スクリーンセーバー用に作られたジャングルの滝90秒


ジャングルの滝

Jungle waterfall
Jungle waterfall
スクリーンセーバー用に作られた、ジャングルのの90秒という短い映像である。詳細不明。水の濁りから、流域に土成分が多いであろう事がうかがい知れるのみである。

ナイアガラの滝 - 内部から見える。 滝の下で泳ぐ!

ナイアガラの滝



ナイアガラの滝に接近


視界が見えなくなるほどの大きな飛沫に旅人達の高揚感は高まるばかりだ。
ツアーに参加する旅人達が船でナイアガラのの下を進む。
明らかに風が強い。旅人達がカッパがわりに纏(まと)っているビニールが、ばたばたと激しく煽(あお)られている。
船はさらに大瀑布に寄せてゆく。
ついに旅人達は大瀑布の飛沫にすっかり包まれ歓声をあげた。

ビクトリアの滝を完全観望

ビクトリアの滝



ビクトリアの滝を360度4Kで観る


このビデオは、世界で最も有名なの1つ、ビクトリアの滝の360°映像である。飛行しながら峡谷を抜けていくと、見る者の視界の下にあのビクトリアの滝が広がる。
我々はそこから下に滝壺を、上に青い空と雲を望む事も出来る。
視線を水平に向け、果てしなく広がる大地を感じるのもいい。
この映像で、初めてビクトリアの滝を完全に観望したと喜ぶ視聴者も多いようである。


ナイアガラの滝 =ロシア語の旅行代理店に連れられて=

ナイアガラの滝



北アメリカで最も力強い滝


ナイアガラの滝。
ナイアガラ川の滝の複合体で、アメリカのニューヨーク州とカナダのオンタリオ州を分かつ。 ナイアガラの滝はカナダ滝、アメリカ滝、フィフス滝(英名ブライダルベール滝)とも呼ばれる。 標高の差はそれほど大きくないものの、滝は非常に幅が広く、そこを流れる水量よって、ナイアガラの滝は北アメリカで最も力強さを感じさせるである。