ボスニア・ヘルツェゴビナの観光ネットワークNo.2

ボスニア・ヘルツェゴビナの観光ネットワークNo.2


ボスニア・ヘルツェゴビナの観光ネットワークTuristički Rotorが自然と文化遺産の美しさを紹介している。

ドボイ(Doboj)

ボスニア・ヘルツェゴビナの観光資源の情報デジタル化は着実に進んでいるようである。ドボイ(Doboj)ではこうしたプロモーション効果によって訪れる観光客に快適な寝床と朝食を提供するための講習会を開いておもてなしの準備を整えている。デジタル化の効果は着実上がっており、ボスニア・ヘルツェゴビナのネット上での検索は増え、観光シーズンの約6ヶ月の間、観光客で賑わうようになった。いわゆる、かきいれ時というものが発生したのである。

ヴァレシュ(Vareš)

ヴァレシュ(Vareš)は、地元の鉱業活動と鉄生産で有名な中央ボスニア・ヘルツェゴビナの町である。製鉄の技法は500-600年の間伝統的な手法を受け継いで現在まできている。
ヴェレシュは、 スラヴィック・パンテオンの最高神であるペルンの名にちなんで命名された。大規模な高カピジャ、スティージーン、ズヴィエエズダ、ペラン山脈に囲まれた標高828mの小さなスタヴニャ川の谷にあるサラエボから45kmに位置する山間部の町である。ヴァレシュの周辺地域では、冬の観光開発も見出す事ができる。地理的条件と標高のために、雪は他の地域よりも長く解けずにあるので、周辺のの美しい地域はスキーやスケートに最適である。
ヴァレシュは目立ったアトラクションを持っていないため、今まで認知されてこなかったが、カトリックの文化遺産、フォークダンスが無形文化として知名度を上げつつある。

イリヤシュ(Ilijaš)

ボスニア・ヘルツェゴビナの観光資源の情報デジタル化は、かつては重工業の町であったイリヤシュ(Ilijaš)にも観光資源発掘の光をあてている。イリヤシュ(Ilijaš)は、ボスニア・ヘルツェゴビナの自治体である。同国の首都であるサラエヴォの郊外にあり、同国を構成する2つの構成体のうちボスニア・ヘルツェゴビナ連邦のサラエヴォ県に属している。
イリヤシュ(Ilijaš)では毎年10%ずつ観光客が増加している。
イリヤシュ(Ilijaš)の北東部の斜面には、洞窟で有名なBijambare地区がある。舗装されたメインロードから、山の家として知られるBijambare洞窟に向かって道が分岐している。これらの洞窟の大部分は観光客に開放されている。海抜(平均950m)、厚く茂る針葉樹林、牧草地、湖と谷を含む2つの水流、5つの洞窟、清涼な空気、氷山、スキー、キノコ狩り、薬草採り等など、景観保護地域として観光デジタル情報に登録されるや、数々の観光コンテンツが発掘された。

トゥズラ(Tuzla)

視点はそこからさらに東に移り、トゥズラ(Tuzla)を紹介する。トゥズラという地名はトルコ語の「塩」(Tuz)にちなんだもので、町の地下に広範囲にわたって塩の堆積があることによる 。トゥズラ(Tuzla)は市民生活が長く続いているという意味において、ヨーロッパで最も古い集落の一つである。
トゥズラを有名にしている物として、間違いなくパンノニア湖が挙げられる。世界の塩湖の第二位に輝き、トゥズラの真珠として称えられる。トゥズラ(Tuzla)を観光の名所として名を上げる事はすでに過去の事であると、観光局の担当者は言う。これからは、観光産業によって排出される廃水やゴミをいかにコントロールしていくかが課題であり、湖が塩湖という事もあって、含まれる水に多く塩分が含まれてしまうという意味においても、水資源をいかに上手に循環させていくかを探っていくようだ。また観光客が増えれば、レスキューサービスに力を入れていく必要もあるとしている。内陸の観光客からは海に行くよりも近いと人気のトゥズラ(Tuzla)なのだった。

シャマツ(Šamac)

水を求めて観光客に人気のパンノニア湖から北へ視点が移る。場所はシャマツ(Šamac)である。シャマツ(Šamac)はボスニア・ヘルツェゴビナを構成する構成体のうちスルプスカ共和国に属する町であり、サヴァ川の右岸に位置し、川の対岸はクロアチアのスラヴォンスキ・シャマツである。QRコードにアクセスすれば、訪問する以前にかなりの情報得ることができるだろう。
シャマツ(Šamac)は、ボスニア・ヘルツェゴビナで最大のフクロウの生息地であり、多くの観光ツアーのプランに取り入れられている。反面、こうしたすぐれた自然水域は洪水も悩みの種ではあるが、自治体では水際を整備して、カヌー、カヤックなどのウォータースポーツの楽しめる、安全なサヴァ川としての復活を成功させた。

ブラトゥナツ(Bratunac)

セルビア共和国の北東部のブラトゥナツ(Bratunac)は、ドリナ川と緑の丘と幅広い谷に囲まれた町である。手付かずの自然とフレンドリーなホストが観光客を歓迎する。ドリナ川の急な流れはラフティングに最適な条件を提供し、スポーツフィッシングの場所としても理想的な条件が整っている。
ブラトゥナツ(Bratunac)はボスニア・ヘルツェゴビナで最大のイチゴの生産地で、6月のおわりには毎年、生産者が自慢の品を提供するラズベリーの日が開催される。
都市の喧騒を離れ、地元料理を楽しむ農村観光を広める観光情報デジタル化の動きは、フェイスブックのアクセス数の増加から見ても確実に成果を上げているようである。

コメント