ボスニア・ヘルツェゴビナの観光ネットワークNo.2

ボスニア・ヘルツェゴビナの観光ネットワークNo.2


ボスニア・ヘルツェゴビナの観光ネットワークTuristički Rotorが自然と文化遺産の美しさを紹介している。

ドボイ(Doboj)

ボスニア・ヘルツェゴビナの観光資源の情報デジタル化は着実に進んでいるようである。ドボイ(Doboj)ではこうしたプロモーション効果によって訪れる観光客に快適な寝床と朝食を提供するための講習会を開いておもてなしの準備を整えている。デジタル化の効果は着実上がっており、ボスニア・ヘルツェゴビナのネット上での検索は増え、観光シーズンの約6ヶ月の間、観光客で賑わうようになった。いわゆる、かきいれ時というものが発生したのである。

ヴァレシュ(Vareš)

ヴァレシュ(Vareš)は、地元の鉱業活動と鉄生産で有名な中央ボスニア・ヘルツェゴビナの町である。製鉄の技法は500-600年の間伝統的な手法を受け継いで現在まできている。
ヴェレシュは、 スラヴィック・パンテオンの最高神であるペルンの名にちなんで命名された。大規模な高カピジャ、スティージーン、ズヴィエエズダ、ペラン山脈に囲まれた標高828mの小さなスタヴニャ川の谷にあるサラエボから45kmに位置する山間部の町である。ヴァレシュの周辺地域では、冬の観光開発も見出す事ができる。地理的条件と標高のために、雪は他の地域よりも長く解けずにあるので、周辺のの美しい地域はスキーやスケートに最適である。
ヴァレシュは目立ったアトラクションを持っていないため、今まで認知されてこなかったが、カトリックの文化遺産、フォークダンスが無形文化として知名度を上げつつある。

コメント