ラベル リラクゼーション の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル リラクゼーション の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

滝の音 =ブラジル ボン・デスパショ ピカン川=

ブラジル ボン・デスパショ ピカン川


ブラジルのボン・デスパショで撮られた映像。水の音、滝の音が、魂と精神を和らげる。
ピカン川で最初で唯一の滝。ランバリ川に流れ、最終的にサンフランシスコ川につながっている。川の流れは非常に複雑で、宮城谷昌光氏の『王家の風日』の表現を借りるとすれば、「紡毛のような川」と表現したい。

ボン・デスパショ

ブラジル、ミナス ジェライス州の小都市。1770年にモンテ教会が建てられた事に始まる。農産の中心はサトウキビ、トウモロコシ、大豆などで、サービス業が多い街でもある。かつては蜂蜜の生産量もあった。

水の流れによってエネルギーとのハーモニーを楽しむ

水の流れによってエネルギーとのハーモニーを楽しむ


流れが穏やかで鳥の声がよく聞こえる。
流れる水のある自然の中の風景、鳥や森の動物、リラックスするのに最適な組み合わせだ。自分のエネルギーを調えて、より多くのエネルギーとハーモニーを楽しみたい。

[Bosna i Hercegovina] ボスニア・ヘルツェゴビナの観光ネットワークNo.1

[Bosna i Hercegovina] ボスニア・ヘルツェゴビナの観光ネットワークNo.1


ボスニア・ヘルツェゴビナの観光ネットワークTuristički Rotorが自然と文化遺産の美しさを紹介している。

バニャ・ルカ

バニャ・ルカ(Banja Luka)は、ボスニア・ヘルツェゴビナの西北部にある同国で2番目に大きな都市である。自然が美しい事で人気のバニャ・ルカは、現在、観光資源のデジタル化プロジェクトを進めている。
グーグルマッピング、QRコード、スマートフォンアプリ、SNSなどのコンテンツを用意し、観光客のルート作成、情報アクセスを容易にしている。ボスニア・ヘルツェゴビナは観光資源の宝庫ではあるものの、そのプロモーションが課題として浮かび上がっている。38の自治体、市町村がこのデジタル化プロジェクトに参加していて、観光資源の情報デジタル化は今後も進むと期待される。
ドボイ(Doboj)地方のゴランコ(Goransko)もその例の一つである。ゴランコ(Goransko)は、モンテネグロ北部の小さな町であり、2003年の国勢調査によると町の人口は334人である。1982年にはピヴァ修道院は再建された。今後、レストランや宿泊施設等の観光インフラが整うにつれ、デジタル化が情報によって旅行者が自分の求める物を得やすい場所に成長していくのである。
情報のデジタル化は文化遺産の知名度向上にも一役買う。通行人の視界から隠れた場所にあるような古い石橋などがそれであり、これらの情報をネットワークに繋げる事で、古い文化遺産に新たな息吹を注ぐ事ができる。

コトロマニチェボ(Kotromanicevo)

ドボイ(Doboj)地方からは、コトロマニチェボ(Kotromanicevo)も紹介されている。コトロマニチェボ(Kotromanicevo)は観光村であり王立の村である。
伝統的な木製のログキャビン、リビングルーム、ベッドルーム、エアコン、シャワー付きバスルーム、ミニバーなどが用意され、伝統的な様式の上にも観光客に不便を感じさせないインフラも兼ね備えている。訪問者は、休息、リラクゼーション、パーティー、婚約、誕生日、素晴らしい結婚式等など、記念行事の場にこのコトロマニチェボ(Kotromanicevo)のおとぎ話のような雰囲気を選ぶ。
コトロマニチェボ(Kotromanicevo)の村には、地元の栽培エコプロダクト、子供の遊び場、ウォーターミルなどのエンターテインメント施設、湖、キャンプ、アーティスト専用スペースなどの手工芸品市場がある。
コトロマニチェボ(Kotromanicevo)の村では、Veličanka川でボートを楽しんだり、サッカーやバレーボールも楽しめる。川で釣りをしたり、ハイキングコースを歩いてハイキングをしたりできる。ハイキング用のストックの貸し出しもある。村から5kmの所にはぶどう畑もある。主な道路がコトロマニチェボ(Kotromanicevo)の村からわずか100メートルの所で繋がっていて、ザグレブ、バニャ・ルカ(Banja Luka)、ベオグラードへのバス停が200m先にある。

サラエヴォ(Sarajevo)

サラエヴォ(Sarajevo)は、ボスニア・ヘルツェゴビナの首都であり、同国で最大の人口をもつ都市である。
サラエヴォの旧市街であるバシュチャルシヤは、街の歴史的・文化的中心であり、最も有名なシンボルでもある。バシュチャルシヤという言葉はトルコ語に由来している。トルコ語で「バシュ」という言葉は「頭」を意味し「初級」「主」「首都」という意味になり、チャルシヤはトルコ語で「バザール」「市場」を意味する。1551年にルステン・パシャ(Rustem pasha)によって建てられたドーム状の屋根がついたブルサ・バザール(Brusa bezistan)が象徴的である。

モスタル(Mostar)

モスタル(Mostar)は、ボスニア・ヘルツェゴビナの都市で、ヘルツェゴビナ・ネレトヴァ県の県都であり、ヘルツェゴビナ地方では最大の中心都市である。
モスタルの地名は実在した市場から左岸に向けて架かっていた木製の橋を守る「橋の番人」を意味するモスタリ(mostari)から来ているとされている。
16世紀、ネレトヴァ川を渡る重要な交通路であることからネレトヴァサンジャクの首府となり、ヘルツェゴビナ地域の行政の中心都市となった。現在に至るまで改築を挟み、モスタルの象徴的な存在である石橋ネレトヴァの橋が架かっている。ネレトヴァ川の夕日を人生の落日に喩えて、数々の詩人のテーマとなった。

ルビニェ

ルビニェ(Ljubinje)は、ヘルツェゴビナ地域の南東部に位置する。ドブロニク、モスタルから道が通じている。ルビニェの近くではローマと融合した教会の遺跡が見つかっている。ハーブ、薬草は村の宝物のひとつである。薬草蜂蜜、料理のベース、乾燥肉用にも薬草、ハーブが重宝されている。

テスリッチ(Teslić)

そして視点はまたドボイ(Doboj)地方に戻る。テスリッチ(Teslić)はボスニア・ヘルツェゴビナの北中央部にある町で、ウソラ川の傍にある。テスリッチ(Teslić)はリウマチ、心血管疾患、神経疾患の治癒のための健康スパであるBanjaVrućicaがある観光地としても知られている。BanjaVrućicaは、5つのホテルと1000以上のベッドを収容する複合施設で、ボスニア・ヘルツェゴビナで最大の観光客を抱えている。近くの山のBorjaも2つのホテルやスポーツ施設を備えた魅力的な観光地である。農村観光、宗教観光としてのプロモーションに力を入れており、一連のデジタルガイドにも組み込まれている。

バニャ・ルカ

紹介はまたバニャ・ルカ(Banja Luka)に戻る。
バニャ・ルカは南方から流れ込むヴルバス川(Vrbas)の美しさで知られ、周囲を丘に囲まれて窪地を成しており、市内には泉が多くある。またバニャ・ルカの歴史は古代に遡り、古いカステル要塞を含む最初の数世紀のローマ帝国時代の十分な形跡が残されている。EUの支援も受け、バニャ・ルカにおけるカステルの観光資源としての価値の向上が今後期待できるだろう。

【Schwarzwald】ドイツ、シュヴァルツヴァルトの自然の川

ドイツ、シュヴァルツヴァルトの自然の川


Wild river in the Black Forest
ドイツ南西部のシュヴァルツヴァルトは、トウヒの木の群生が黒く見えることから、黒い森と呼ばれている。ライン川を隔てて西にはフランス、南にはボーデン湖畔でスイスと接している。谷底を流れる川に沿って童話の世界に登場するような美しい家々が軒を連ねる。

ドナウ川も始まりは小さな泉

ドイツ南部、ドナウ川の源流ドナウエッシンゲンの泉は意外と小さなものである。ドナウエッシンゲン近くにある森がかの有名なシュヴァルツヴァルトである。だが、シュヴァルツヴァルトのかつの有名は酸性雨で枯れてしまった森としてであった。産業革命以降、ヨーロッパ各地で石炭を大量に使った結果もたらされた酸性雨だといわれる。

環境問題への本格的な取り組みが功を奏する

この酸性雨の被害を重く見て、バーデン=ヴュルテンベルク州や、同州に属するフライブルクやカールスルーエなどの都市で、環境問題への本格的な取り組みが進んでいった。1980年代以降、緑の党と称される環境政党が台頭したことも環境保護を加速させた一因である。地球環境の問題が大抵は対策を講じてから効果が出るまでに100年はかかると言われているのを考えれば、同時代において、シュヴァルツヴァルトが旅人を癒す森に蘇る事が出来た事は、我々の世代にとっては等しく幸いであるといえる。

Rachel & Jun 国府宮神社まで朝の散歩

田園の中の午前中の自分だけの時間


Rachel(アメリカ人)と、Jun(日本人)の二人の旅人、この日は太陽を帽子にして、国府宮神社への朝の散歩である。
すでに日は高く、日傘をささないと強い日差しがさしてくる。
道すがら脇に目をやると、小川に魚が泳いでいるのが見えたり、田植えの終わったばかりの青田が茂っているのを楽しめる。
忙しく動き回る世間の時間の流れとは切り離されて、二人の穏やかな会話が人の住む空間の中に、人が生きるべき息吹を注いでくれているようでもある。

尾張大国霊神社(ウィキペディアより)

尾張大国霊神社(おわりおおくにたまじんじゃ)は、愛知県稲沢市国府宮にある神社。近くに尾張国の国衙(国府)があったことから、一般には国府宮神社(こうのみやじんじゃ)、国府宮(こうのみや)と呼ばれる。最寄りの名鉄電車の駅は神社の通称にちなむ「国府宮駅」となっている。
毎年旧暦1月13日に執り行われる儺追(なおい)神事、通称「国府宮はだか祭り」、「はだか祭り」で有名である。

釣りのベテラン、ベリーボートでネッカー川へ

少年時代から磨いたスピンフィッシングの技術が光る


クリストファー・ユングは、バークレーラウブフィッシュのドイツチームに所属している釣り人で、6歳から釣りをしているベテランでもある。今回はベリーボートを巧みに操り、ネッカー川に釣り旅行に訪れた。
ベリーボートとはドーナツ状のチューブの個人用の浮揚装置で、フィンを使用する事で、小さな池や中流の川で移動を容易にする。逆に大きな川や水場では推奨されていない。

ネッカー川

ネッカー川は、ドイツ中南部の流域を流れるライン川の支流である。主にバーデン=ヴュルテンベルク州内を流れ、下流域では、短い区間ではあるが、同州とヘッセン州との州境をなしている。

Rachel & Jun の舟下り (岩手・猊鼻渓)

Rachel & Jun の舟下り (岩手・猊鼻渓)


Rachel(アメリカ人)と、Jun(日本人)の二人の旅人が岩手県猊鼻渓の舟下りツアーを紹介している。折角なので二人の堂に入った解説をそのまま引用したい。

Rachel & Jun

”岩手県の猊鼻渓(げいびけい)は日本百景の1つに数えられ、1年を通して四季を楽しめます。12月から2月までは、こたつ舟で鍋や釜飯も堪能できるそうです。新緑と紅葉シーズンには舟上茶会もあります。また、定石ですが早朝に行けば人も少ないので、頑張って早起きする事をオススメします。帰りの舟下りでは船頭さんに唄ってもらえますので、ぜひリクエストしてみてください。10点満点、5つ星です。^^ 皆様のオススメなどもございましたら、ぜひコメント欄で教えてください!”
二人は旅行で全国47都道府県をめぐるの事を目標としていて現在は半数ほど踏破したそうである。

アマゾン、コロンビアでのエコロジーな農場経営

ドイツのメディアDW Deutschがコロンビアでの環境保護を取材


アマゾンの一部であるコロンビア

アマゾンの一部であるコロンビアは世界で最も生物多様性の高い国のひとつである。今、ユニークな動植物の伸びやかさが脅かされつつある。ドイツのメディアDW Deutschがコロンビアでの環境保護と自然破壊の抑制を目指す社会実験を取材した。

農業による森林破壊

コロンビアの木材の過剰輸出とカカオの不法栽培による植え付けで天然の森林が激減している。他に資源を得る術の無い農家は、こうした不法栽培で生活の糧を得るしかないのである。また、馬や牛などの家畜のブリーダー達は森林を牧草地へと変貌させてしまう。

環境保護を農場経営にも利点を持たせる

Make a passage for cow walking
社会実験での取り組みの一つとして農家に興味を持たせるという事がある。それは、牛の育成に役立つ木を植林したり、外部から投資を呼びかけて、産業を勃興させ職を生み出す事である。
牛を自由を放牧せず、また縛り付けたりせず、通路を設けて歩かせる事も森林育成に一定の効果を期待でき、天然の肥料を提供する事で周囲の農家にも役立つ取り組みとなる。

チーズによって成立するエコロジー

Cheese made with organic farming
経営学を学んで経営効率を上げる事も効果的である。我々は自然の土と生きていけば失う者は何も無いと、エコロジーに取り組む若き農場経営者はいう。彼等の手で直接絞った牛の乳がチーズとなり、彼等の食卓に上り、あるいは商品として市場に出回る。有機食品、グルメ、首都のレストランに需要があり、大企業のように大金を稼ぎ出すというタイプではないが、エコロジーとエコノミーを両立した優良な小規模経済モデルであると高く評価出来る。

景観が生きている黒い森シュヴァルツヴァルト

特別なリラクゼーションエリアとしてのシュヴァルツヴァルト


低山脈にあるのは森の海だけではない、と旅人はいう。池沼、沼地、滝、白い牛が住む高い牧草地は、シュヴァルツヴァルトを世界的に有名な自然体験の場としている。シュヴァルツヴァルト国立公園は、温泉や浴場、バーデンなどの洗練された海辺のリゾートがある、特別なリラクゼーションエリアである。

シュヴァルツヴァルト

Schwarzwald
シュヴァルツヴァルトとは、ドイツ語で「黒い森」を意味する。密集して生えるトウヒの木によって、暗くあるいは黒く見えることがその由来である。
バーデン地方に位置するシュヴァルツヴァルトは、ドイツ最大の連続山脈でもあり、ドイツ連邦の最も重要な観光地であり、ドイツの低山脈の中で最も熱い視線を集める保養地である。

ドイツと韓国、クリスチャンコミュニティの河川保護における取り組み

ドイツと韓国、クリスチャンコミュニティの河川保護


イエス・キリストの福音を環境保護を通じて立証する

oekumenische-mitarbeitende
ドイツのクリスチャンコミュニティが、韓国の教会と協力して河川の環境保護の活動を行っている。
生態学者のカリナ・シューマッハ氏は、生態学の美しさは、それが複雑なほど簡単なことだと言う。それはすべて互いに依存している事。
システム全体の一部が破壊されると、システム全体が不安定になってしまう。これは論理的な事だろうか。彼我の関係とは何か。我々の日常生活のどういう意味を持つのか。河川の保護活動の勤しみながら彼女は問う。
イエス・キリストの福音を歓迎して信じて立証する。国境を越えて出会ったり分かち合ったりする時の不思議な経験は、我々が福音を再発見するのに寄与する彼女は言う。
環境保護が彼女達の意図通りに国際社会のつながりに発展していく事を期待する。

ドイツ、クックスハーフェンのエルベ川を知る集い

船でエルベ川を知り産業に活かす


ドイツ、クックスハーフェンの市議会メンバーを中心とする市民団体がエルベ川を知る催しを開催した。エルベ川(地図上ではラベ川とも)の河口では観光が重要な産業となっているが、それが環境へ悪影響を及ぼさないか彼等は監視する意味合いも持っている。どの国の観光地でも問題になる事だが、ハード面の産業とソフト面の産業の折り合いをどうつけるかが課題となっているようだ。

クックスハーフェン

Cuxhavener
ドイツ連邦共和国ニーダーザクセン州クックスハーフェン郡にある市である。 市にはエルベ川の河口があり、北海に面している。
クックスハーフェンには重要な漁船の埠頭があり、2008年までハンブルグとキール運河の登録ポイントを運航している。観光もまた非常に重要な産業となっている。

美しきバルカン半島の河川を護る導線

美しきバルカン半島の河川


SAVE THE BALKAN RIVERS
バルカン半島の河川や湖沼は、ヨーロッパで最も美しくて貴重な自然の中にある。しかし、それらは数百の水力発電プロジェクトを通じて危険にさらされている。ドイツ環境保護主義者、映画制作者、環境活動家であるウルリッヒ・アイセルマンはこれらの自然の宝物を提示し、保護の価値を強調している。

[公開終了] エコサイクル高知仁淀川ライブカメラ

エコサイクル高知仁淀川ライブカメラ

高知県日高村本村のエコサイクル高知に設置された仁淀川・屋形船が見えるライブカメラ。エコサイクル高知によってライブ映像配信、管理される。

仁淀川

Niyodo River seen form Ecocycle-Kochi
四万十川、吉野川と並ぶ四国三大河川のひとつ。透明感が高く独特の青色をしたその流れは、「仁淀ブルー」として知られる。

屋形船

屋形船仁淀川として観光遊覧船が就航している。手をのばし、流れに触れ、目で川の碧さを感じる事ができる屋形船である。

エコサイクル高知

県内で発生する産業廃棄物は県内で処分するという基本方針のもと、日高村に財団法人エコサイクル高知が建設されたエコサイクルセンター。最終処分場は屋根付き、無放流が特徴の産業廃棄物処理施設モデル的整備事業として国から認められた施設である。

柔らかな真珠が夜の街を優しく飾る =大阪梅田淀川=

淀川河川公園から見る梅田の摩天楼 夜景 グランフロント大阪



Night View of Umeda Skyscrapers from Yodogawa Riverside Park
夜の街の灯りといえば大きく分けて二種類だろう。ひとつは喧騒の伴う派手で色彩の濃いネオンの光。もうひとつは人の営みが作る柔らかな命を感じられる優しい光。この映像に見られるのは、もちろん後者の優しい光である。
淀川河川公園は、大阪市の梅田地区の北に位置する。淀川の夜景や梅田地区周辺の高層ビルの素晴らしい夜景を楽しむことができる。
ゆったりと流れる淀川は、人の営みの灯りを優しく映して揺らめく。

川の流れの自然音、川の流れの中に居る感覚

穏やかな森林の川

川の自然音によるリラクゼーション

緑豊かな緑の森と流れる水の景色、背景には鳥が歌う。
緩やかな流れのやさしい音が心身をリラックスさせてくれる。
「ビデオ内のすべてのサウンドはその場所の元のサウンドであり、余分なサウンドは追加されていない。より明瞭でよりバランスの取れた生産的な状態を可能にする」
と投稿者によって紹介されている。

ゆっくりと川面を歩く

川面の映るリラクゼーション

川の水面を通って

身体、心、精神のための平和と弛緩。作者が視聴者にプレゼントしたいイメージである。
視点が見える先の異なった世界に連れていかれる前に、我々は未知の方向に自らを浮かばせ、驚きや、感性、不確実性を内に持つ。
視界に映る世界と一体となったとき、川面の反射する空の上の世界は我々自身の姿になる。
好感的な驚きによって心に慰めを与えられながら、ゆっくりと、しかし確実に水の道に歩は進んでゆくのだ。


リラクゼーションをプレゼントしてくれる川の自然音

川と滝の自然音

自然な響きのリラクゼーション

緑豊かな川と滝の自然な響きのリラクゼーション。
滝の風が吹いていると見る者は言う。目に見えるイメージを毎日感受する事がストレスの悩まされる日常をリラックスに変えてくれるそうだ。
自然を創造し我々を祝福する大いなる神意のために、森林、川、海を護る為に働きたいという人もいる。大いなる自然に感謝すると同時にこれを提供してくれる人にも感謝を忘れていない。
目に見える緑と、耳に聞こえる遠雷に自然やこの世界の優しさを感じる。