ドイツと韓国、クリスチャンコミュニティの河川保護における取り組み

ドイツと韓国、クリスチャンコミュニティの河川保護


イエス・キリストの福音を環境保護を通じて立証する

oekumenische-mitarbeitende
ドイツのクリスチャンコミュニティが、韓国の教会と協力して河川の環境保護の活動を行っている。
生態学者のカリナ・シューマッハ氏は、生態学の美しさは、それが複雑なほど簡単なことだと言う。それはすべて互いに依存している事。
システム全体の一部が破壊されると、システム全体が不安定になってしまう。これは論理的な事だろうか。彼我の関係とは何か。我々の日常生活のどういう意味を持つのか。河川の保護活動の勤しみながら彼女は問う。
イエス・キリストの福音を歓迎して信じて立証する。国境を越えて出会ったり分かち合ったりする時の不思議な経験は、我々が福音を再発見するのに寄与する彼女は言う。
環境保護が彼女達の意図通りに国際社会のつながりに発展していく事を期待する。

コメント