「私に仕事をさせて」ゴミ箱より ドイツ青少年のプラスチック収集

ドイツ青少年のプラスチックゴミの収集活動


ドイツの青少年コミュニティのプラスチックゴミの収集活動が紹介されている。この団体の活動で、多くの場所で廃棄されたゴミが生物の活動を危機に追い込む状況から脱してる。彼等にとって、自然界には廃棄物、つまり不要な物など無い。また、ゴミを捨てるという行動が無くなれば、彼等がゴミを拾って歩くという光景も自ずと無くなるのである。

ライプチヒの河川での活動

German youth's environmental protection activities in Leipzig
世界海洋デーをその月の活動日と決めた時、彼等の足は安定した地面を離れて新たな地形に赴いた。ゴミ収集の道具と袋で武装して彼等はライプチヒ・エルスターの列車に乗った。
水上でのゴミ拾いは簡単な仕事ではない。川岸のゴミを拾う間にも誰かがボートを岸に寄せて操作しなくてはならない。車のタイヤを水の中から引き抜くためにボートをかなり傾けなければいけない事もあったようだ。幸いにも、転覆はしなかった。若者の自然環境に対する真摯な姿勢を強く示したものといえるだろう。

コメント