景観が生きている黒い森シュヴァルツヴァルト

特別なリラクゼーションエリアとしてのシュヴァルツヴァルト


低山脈にあるのは森の海だけではない、と旅人はいう。池沼、沼地、滝、白い牛が住む高い牧草地は、シュヴァルツヴァルトを世界的に有名な自然体験の場としている。シュヴァルツヴァルト国立公園は、温泉や浴場、バーデンなどの洗練された海辺のリゾートがある、特別なリラクゼーションエリアである。

シュヴァルツヴァルト

Schwarzwald
シュヴァルツヴァルトとは、ドイツ語で「黒い森」を意味する。密集して生えるトウヒの木によって、暗くあるいは黒く見えることがその由来である。
バーデン地方に位置するシュヴァルツヴァルトは、ドイツ最大の連続山脈でもあり、ドイツ連邦の最も重要な観光地であり、ドイツの低山脈の中で最も熱い視線を集める保養地である。

コメント