ゆっくりと川面を歩く

川面の映るリラクゼーション

川の水面を通って

身体、心、精神のための平和と弛緩。作者が視聴者にプレゼントしたいイメージである。
視点が見える先の異なった世界に連れていかれる前に、我々は未知の方向に自らを浮かばせ、驚きや、感性、不確実性を内に持つ。
視界に映る世界と一体となったとき、川面の反射する空の上の世界は我々自身の姿になる。
好感的な驚きによって心に慰めを与えられながら、ゆっくりと、しかし確実に水の道に歩は進んでゆくのだ。


コメント