ボスニア・ヘルツェゴビナの観光ネットワークNo.5

ボスニア・ヘルツェゴビナの観光ネットワークNo.5


ボスニア・ヘルツェゴビナの観光ネットワークTuristički Rotorが自然と文化遺産の美しさを紹介している。
冒頭でボスニア・ヘルツェゴビナでの主な宿泊施設が登場する。

今回も美しい観光ルートは、バニャ・ルカに始まる。バニャ・ルカはブルバス川の両岸に建てられた町である。山、自然、エメラルドグリーンの川と訪れる者の視点は一点に定める事はできない。
オーストリア、ハンガリーとトルコの戦時中、長期に渡り破壊にさらされ、激動の歴史はこの都市の根幹に深く刻まれている。今日、バニャ・ルカの最も有名な観光資源となっているカステル要塞を中心に戦いが行われた。この遺跡は、1969年の地震の後、バニャ・ルカの地下から呼び覚まされた。ブルバスの街の守護者であるカステルに加えて、バニャ・ルカは、観光客に提供できるたくさんの財産を持っている。
中でもラフティングは、今日のバニャ・ルカの冒険観光の最大のカテゴリーを堅持している。また、観光案内などの専門的なサービスに加え、休養のためのサービス、リゾートが地域に整っている。
ブルバスの街では、現在、民族観光が展開されているが、これは将来的に多くの観光客に周知され、その中でもリュバック(Ljubacki)の谷はそれが顕著になっていくだろう。

サンスキ・モスト(Sanski Most)

サンスキ・モスト(Sanski Most)はボスニア・ヘルツェゴビナ北西部の街で、ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦のウナ=サナ県に属する。ボサンスカ・クライナ地方のサナ川河畔にありプリイェドルとクリュチの間に位置する。
サナ川、ダブラスカ洞窟、カメングラード(Kamengrad)が、サンスキ・モスト(Sanski Most)が誇る観光地として挙げられる。上下の広大な面積のカメングラード(Kamengrad)は、真の自然の楽園で、山岳地帯がそのまま森林となって谷の蛇行地形を覆う。
サラエボのザグレブ方面から訪れた観光客には、とっておきの自然体験が待っている。サナ川の支流の滝が出迎えてくれ、夏季には涼を得る事ができるが、11月以降の冬季には水はぐっと少なくなる。氷点下になり、水が凍ってしまうのである。だが、それにも興があり、白いおとぎ話の世界がそこに出現する。

クリュチ(Ključ)

流れゆく美しい川の風景のあるボスニア・ヘルツェゴビナの小ささな街は、十分に保全された自然環境の中にある。多様で豊かな文化と歴史遺産を持つ街は、クリュチ(Ključ)と呼ばれてる。
クリュチ(Ključ)はボスニア・ヘルツェゴビナの町で、ウナ=サナ県に属する自治体である。町の名であるクリュチはセルビア・クロアチア語系の言葉で鍵を意味する。
358平方キロメートルの面積を持ち、川や森林を観光資源として持つ街だが、同時に重要な歴史的な宝も持っている。
クリュチ(Ključ)の歴史は街を囲う高い壁に象徴される。1463年にオスマン帝国がクリュチ(Ključ)に進攻。最後のボスニアの王は手紙のみを残して退去し、クリュチ(Ključ)もオスマン帝国の支配下に置かれる事となった。
クリュチ(Ključ)はサナ川などの河川を観光資源とした街で、釣りを楽しめる他、ボートレースなど数多くのイベントが開催される。

テスリッチ(Teslić)

テスリッチ(Teslić)は、ボスニア・ヘルツェゴビナのスルプスカに属する街である。ウプソラ川のほとりにあるスルプスカの中央部に位置していて、2013年の段階で住民数は41,904人である。
市町村では、今もなお観光事業の改善に力を入れていて、中でも釣りに関しては自治体でも力を入れていきたいとしている。
ボルジャ(Borja)山を流れる大小ウクライナ川、ウプソラ川、湖にはマスが豊富で、街でも観光資源として前面に押し出している。
長い伝統、美しい自然、健康食品。テスリッチ(Teslić)には農村観光に必要とされる全てを備えていて、農村観光の発展のために理想的な条件が整っている。
今日の産業は木材、牛乳、衣類、電気通信、電気産業、金属産業、建築工事の生産に主に基づいており、これに観光産業が加わる事によって、街は急速に熱気を帯びているのである。

コメント