[Bosna i Hercegovina] ボスニア・ヘルツェゴビナの観光ネッ トワークNo.10

TURISTIČKI ROTOR TURIZAM PLUS EMISIJA BR. 10



ボスニア・ヘルツェゴビナの観光ネットワークTuristički Rotorが自然と文化遺産の美しさを紹介している。
ボスニアの米国大使館の出資支援による、ボスニア観光振興プロジェクトである。
ボスニアとしては、セルビア、クロアチア、チェコ共和国、スロバキアなどの国内環境以外、米国、カナダなどからアプリケーションダウンロードが増加しているのは興味深い事だとしている。
好評のコメントが多い事で、彼らは、おもてなしによる観光振興の手ごたえを感じて、その重要性を再認識している。

バニャ・ルカ(Banja Luka)


夏のシーズンに向けて、ウォータースポーツの愛好家がブルバス川の周りから、あるいは世界中からこの街に集まってくる。ボスニア・ヘルツェゴビナの街の雰囲気を楽しむ観光客がこの下支えとなっている。ブルバス川は、アドベンチャースポーツに最適だとある観光客は興奮気味に語る。
バニャ・ルカ(Banja Luka)の観光客には主に2種類ある。宗教的な観光客とラフティング観光客である。観光ラフティングは地域や欧州全域にファンを持っている。ラフティングセンターキャニオンは、バニャ・ルカ(Banja Luka)とブルバス川の全ての町の観光の発展の可能性を大きく広げている。
観光客は野生の海域さながらのラフティングで、カヤックやカヌーなどのヨーロッパ選手権に、住民は自分たちの街組織の振興に寄与に満足している。
バニャ・ルカ(Banja Luka)はブルバス川上のウォータースポーツ観光客の受け入れ先として不可欠な存在となった。さまざまなコンテンツに加えてキャニオンラフティングセンターを訪れる全ての人たちが料理を楽しむことができる。スポーツ娯楽とウォータースポーツの競技に加えて夏にバニャ・ルカ(Banja Luka)を訪れる観光客は文化や音楽のイベントも楽しめる。
ブルバス川に東から太陽の光が差すとき、バニャ・ルカ(Banja Luka)の街の象徴であるRajakasaを多数見る事が出来る。このRajakasaとは他の動画を見る限り、舟の最後尾に乗って漕ぐ手漕ぎのカヌーの一種らしい。晴天のイメージと共にあるこのRajakasaも人々の忘却に中にあり、彼らはこの街の伝統であるRajakasaの保存に努めている。
街の中心部でカステルの要塞は、ブルバス川に面して、その壁が町を守っているのだという事を、誇らしげ立っている。ほぼ全ての観光客が足を運ぶ場所であり、夏の観光スポットに属する。

0 件のコメント:

コメントを投稿