【閲覧注意:汚染】大部分の廃水は環境にとってクリアではない

廃水による環境への影響


Environmental impact of wastewater
廃水による環境への影響がドイツ語で解説される。
世界の水需要の増加を考慮して、国連は今日の世界水の日に廃水の再処理を増やすよう求めた。UNESCOと共同で、200ページの世界水開発報告書を発表した。地球温暖化が進行していることから、2030年までに世界の淡水需要は50%増加する可能性がある。このため、環境を保護するためには、より多くの廃水をクリアにする必要がある。
すでに、少なくとも1ヶ月間水不足の地域に人口の3分の2が、最も人口の多い2つの国である中国とインドの2分の1が住んでいる。報告書によると、富裕国は排水の約70%を占めている。しかし、世界平均では、廃水の80%が未処理の環境に排出され、一部の国では90%以上が排出されいる現状がある。これは、環境がバクテリア、硝酸塩、化学溶媒、薬物で汚染されていることを意味する。
報告書によると、汚染された水と手洗い能力の欠如は、毎年80万人以上の人々が死に至ることを意味している。水関連疾患は、アフリカ、アジア、ラテンアメリカで年間約350万人を死に至らしめ、エイズや交通事故を上回る脅威となっている。

コメント