オーストリアとイタリアの国境、山々に囲まれた水資源の保護活動

山々に囲まれた南ティロル


河川の流路は、生態系が開放され、動植物にとって重要な生息地である。それらは彼らは人間のためのレクリエーションエリアとして、また飲料水資源として役立ってる。しかし、その水質はしばしば集落、産業、農業の影響を受ける。
特に、電力生産のための水の使用は議論を提供し、多くの利益をひとつの屋根の下にもたらすことが課題である。南ティロルでの水の保護は、環境活動を考える上で重要なトピックである。ここでの水源の保護がドイツ語で語られている。

南ティロル

South Tyrol surrounded by mountains
南ティロルは山々に囲まれ、オーストリアとイタリアの国境、交通の要所あり、オーストリアとイタリアの係争地でもある。第一次世界大戦後の1919年にイタリア領となる。

コメント