一級河川乙吉川広域河川一級護岸工事

一級河川乙吉川広域河川一級(防災安全緊急)護岸(その3)工事


FMながおかによって、道路を作り、橋を作り、環境を守り、災害時に活躍する建設業者、土木業者が、安心・安全・快適で住みやすいまちづくりをする人たち「タウン クリエーター~Town Creator~」として紹介されている。
渋海川の高水護岸工事の工程、概要がタウン クリエーターへの取材を交えて解説されている。

取材と工事の現場

長岡市乙吉町、道路名市道山本112号線、現場周辺施設として西楽寺という寺がある。

工事の内容

コンクリートを積み上げた護岸
コンクリートを積み上げた護岸
乙吉川の川幅を拡げて護岸にブロックを設置する作業を行う。
古い箇所の天端(てんば)、取材班が立っている上の部分は、4メートル川下に行くと2メートルから3メートルになる。完成した部分は天端(てんば)の部分で7メートルになる。護岸には40センチかける40センチのブロックを積み、護岸を固定している。


この工事の目的

この地域は昔から集中豪雨により浸水被害を受けており平成25年7月の集中豪雨では乙吉川が氾濫し、多くの住民が被害に遭った。現況の河川断面が小さかったため少しの雨でもすぐに増水していた。そのため従来の河川の断面の約2倍近く拡幅し、多くの水を流せる事で安心して生活が出来るよう工事している。

最後に、ヤング・タウン・クリエーターは、工事が完成したときの達成感は苦労した分だけ喜びも大きい。これからも今まで先輩から学んだ事を活かし、今行っている現場、この先の現場でもしっかり現場運営に励みたい、と語った。

コメント