【閲覧注意:ゴミ】チューリッヒ、川底の3Kの仕事

チューリッヒ、ダイバーとボランティア、川底の3Kの仕事


ダイバー協会SCUBA VIVAと清掃ボランティア

Diver Association SCUBA VIVA and Cleaning Volunteer
チューリッヒでダイバー協会SCUBA VIVAを中心に川底のゴミを拾う活動が行われた。
ダイバーが次々と川に飛び込み、ゴミを拾ってきてボランティアに手渡す。ボランティアが受け取ったゴミが次々と用意された大型のゴミ箱を満たしていく。
タイトルからもわかるように川底はかなり汚い。見るに耐えない部分もあるかと思われるが、都市部の活動というものは無秩序に放っておけばこうなりやすいという現状と、それを憂慮する心ある人たちの活動が存在するという事を可能な限り知ってもらいたいので敢えて掲載する事にした。

ダイバーとボランティアが水質改善

毎年、600万トン以上の廃棄物が河川を通って海洋に流れ込み、水中や動植物に回復不能な被害をもたらす。我々は行動するよう呼びかけられている。
特にダイバーにとっては切実な問題である。毎年約11,000人のダイバーと2万人以上のボランティアが25万キロ以上の廃棄物を取り除いている。ダイバーは、環境保護に対する意識を高め、データを収集し、積極的な変化を促すことによって、水質改善に役立てている。

チューリッヒ

チューリッヒはスイス最大の都市でチューリッヒ州の首都である。チューリッヒ湖の北西端に位置するスイス北部の中央にあたる。自治体はおよそ400,028人の人口を持つ。チューリッヒは、鉄道、道路、航空交通の拠点であり、チューリッヒ空港と鉄道駅は、いずれも国内で最も賑わっている。

コメント