河川地域での救難ヘリコプター救助訓練

航空自衛隊 新潟救難隊 救難ヘリコプター

真剣な救助訓練

川で溺れた人を救助するという条件で、本番さながらの緊張感の中、救助隊員がヘリから降ろされる。上に滞空するヘリの風圧で川面が大きく飛沫立つ。

避難警報はオオカミ少年ではない

気象庁等の避難警報が出され、結果として大事に至らず、警報発令は行き過ぎだったと後から批難される事がありうるが、これを「オオカミ少年」のような受け取り方をせず、効果の高い臨時の避難訓練になったと考えたいものである。

コメント