渋海川防災安全護岸工事20170227

2017年2月27日一級河川渋海川広域河川一級(防災安全緊急)左岸高水護岸工事

河川防災安全護岸工事の現場の取材

FMながおかによって新潟県長岡地域振興局管内で実施されている工事の現場での取材を交えて、実際に行われている工事現場、インフラを紹介すると共に、若い力を「ヤング・タウン・クリエーター」として紹介し、若い世代に「Town Creator」としての夢を提案している。

長岡市石津町

この映像では、一級河川渋海川広域河川(防災安全緊急)左岸高水護岸工事が紹介されている。長岡市石津町中沢橋近く河川敷を取材現場としている。取材チームの目の前に新しい堤防があり、前の堤防があった所に立っている。

工事の目的

堤防が出水の時に、洗掘される事を防止するための工事。

工事の内容

堤防に護岸ブロックを貼り補強し、洗掘等を防止する工事を行う。1メートル四方のコンクリートブロックを堤防の斜面に貼る。
洗掘によってコンクリートブロックが捲られないないように下の方まで掘り進み下からブロックを貼り、さらにブッロクの基礎を固定する。斜面に8段のブロックを貼り付け、土を戻すと下の方の二枚程が土に隠れる。
コンクリートブロックは角が削ぎ落とされていて、そこからフックが出ていて、それを鉄筋で差し込んで連結して、その穴の所をモルタルで埋める。そうする事によってブロックが一枚のコンクリートで覆われることになる。

工事が完成する事によってもたらされる利便性

堤防が完成してその上が舗装されると、散歩コース、ジョギング等が出来る場所になる。洪水になったときに市民の安全を護る事が期待できる。

最後に、若手のヤング・タウン・クリエーターは、地図に残るやりがいのある仕事、と語る。



コメント