ラベル にぎやか の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル にぎやか の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

ナイアガラの滝 - 内部から見える。 滝の下で泳ぐ!

ナイアガラの滝

ナイアガラの滝に接近

視界が見えなくなるほどの大きな飛沫に旅人達の高揚感は高まるばかりだ。
ツアーに参加する旅人達が船でナイアガラのの下を進む。
明らかに風が強い。旅人達がカッパがわりに纏(まと)っているビニールが、ばたばたと激しく煽(あお)られている。
船はさらに大瀑布に寄せてゆく。
ついに旅人達は大瀑布の飛沫にすっかり包まれ歓声をあげた。


アウトドア、漁師のクラブ

エニセイ川の漁師達


釣果は上々

漁師活動のクラブがある。そのクラブ名をアバカンという。
エニセイ川の源として発するビー=ヘム川。この上流に全幅が10メートルを超えない場所がある。ビー=ヘム川は、またの名をボルショイ・エニセイ川という。
偉大なるエニセイが水を鼓動させ、狭く険しい岩の裂け目の上に飛沫が舞い、そこに虹の橋が架かる。
漁師のグループは川くだりのために、旅路を急ぐ。
川釣りの釣果は、川に返されるものあり、漁師達の胃袋に収まるものありと、様々であった。

バスに揺られてウクライナ =ウクライナ ヤレムシュ=

カルパチア国立自然公園

バスでヤレムシュを目指す

旅人はヤレムシュ郊外にある美しい滝を訪ねる。
旅はヤレムシュまでのバスに揺られる所から始まる。そして旅人はヤレムシュの滝の岸辺の地を力強く踏む。

ヤレムシュの街

ヤレムシュはプルート川のほとりの山間にある、絵画の中にあるような低山のリゾート地である。
ヤレムシュの最初の歴史的な記念碑は1787年のものだ。この記念碑の伝説は、ヤレムシュの名前が最初の定住者の名前に由来する、とある。
この町は1894年にオーストリアからハンガリーの工業地帯への木材の輸出を目的とした鉄道の建設で、急速発展を遂げた。
さらに時代を遡ると、ワルシャワから人々の休日の保養地としての街の存在が見える。現時点のヤレムシュは、この地方の最も有名な観光地の中心という位置づけで、1980年には、ウクライナでは初めてのカルパチア国立自然公園が設立された。
市民は民俗習慣と儀式を受け継いで生活している。

関連するピンタレスト

『バスに揺られてウクライナ =ウクライナ ヤレムシュ=』

ナイアガラの滝 =ロシア語の旅行代理店に連れられて=

ナイアガラの滝

北アメリカで最も力強い滝

ナイアガラの滝。
ナイアガラ川の滝の複合体で、アメリカのニューヨーク州とカナダのオンタリオ州を分かつ。 ナイアガラの滝はカナダ滝、アメリカ滝、フィフス滝(英名ブライダルベール滝)とも呼ばれる。 標高の差はそれほど大きくないものの、滝は非常に幅が広く、そこを流れる水量よって、ナイアガラの滝は北アメリカで最も力強さを感じさせるである。